仏教の言葉

善人なほもつて往生をとぐ。いはんや悪人をや。しかるを世のひとつね にいはく、「悪人なほ往生す。いかにいはんや善人をや」。この条、一旦その いはれあるに似たれども、本願他力の意趣にそむけり。

浄土真宗のみ教えは「悪人正機」と表現されることがあります。 言葉の通りに読みますと「悪人こそが救われていく者なんですよ」という意味です。 そのように、僕は、初めて「悪人正機」という言葉を聞いたときに勘違いをしておりました…

仏教の言葉

一切善悪の凡夫人、如来の弘誓願を聞信すれば、 仏、広大勝解のひととのたまへり。この人を分陀利華と名づく。

一切善悪の凡夫人、 如来の弘誓願を聞信すれば、 仏、広大勝解のひととのたまへり。 この人を分陀利華と名づく。   阿弥陀さまのお救いを信じる身 「聞信」とは、一般的には「聞き信じる」と読むことができるので「聞い…

仏教の言葉

法蔵菩薩の因位の時、世自在王仏の所にましまして、諸仏の浄土の因、国土人天の善悪を覩見して、 無上殊勝の願を建立し、希有の大弘誓を超発せり。 五劫これを思惟して摂受す。

私たちがお勤めしている浄土真宗のお経本の最初に「正信念仏偈」というお経があります。 その3行目から8行目に、 法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 という言葉があ…

ありがたい日々

「誰も死ななかったらいいのに!」そう思っていたけど、死別は悲しみだけではないことを知らせていただきました。

これは僕が布教使の先輩に怒られた時のお話です。 お坊さんとして活動していると、愛する方との死別の悲しいお話を聞くことが多いです。 お話を聞くことが最も大切なお坊さんの仕事だと思っているのですが、たまに悲しいお話を聞くのが…

ありがたい日々

阿弥陀さまのお救いは疑いようがありません。〜浄土真宗では「信心している、信じてる」ってわざわざ言わなくても大丈夫〜

「信心している」 皆様は、この言葉を聞いたことがありますでしょうか? 毎日、お仏壇でお勤めしている方や、お墓を大切にしている方を見て、 と言っているのを聞くことがあります。 実は、お坊さんは「信心している」という言葉を使…