小言念仏

落語の演目で「小言念仏」というものがあります。

「なんまんだぶ、なんまんだぶ」とお仏壇の前でお念仏を称えている場面から始まります。

お念仏を称えながら色々な小言を言う、一見、お念仏をバカにしているような落語です。

実際、お仏壇の前でお経を称えている時に、ずっと仏様のことを思っているか、僕自身とても考えさせられた落語でした。


小言念仏

  • おばあさんこっちおいでよ
  • お仏壇の天井をご覧よ
    蜘蛛の巣を張ってるじゃねえかよ
    掃除をしなさい
  • お花を取っ替えなさい
  • たまにはこの線香立てを掃除しろよ
  • 鉄瓶がたぎってるぞ
    鉄瓶の蓋がパックンパックンいってんだよ
  • 飯が焦げくせえぞ
    「うちじゃありませんお隣です」
    隣に教えてやりなよ、若夫婦なんだから
  • 赤ん坊がはってきたぞ
    赤ん坊そっち連れて行け
    お念仏の邪魔になるじゃねえかよ
    連れてけよ赤ん坊〜
    俺のツラ見て変な顔してんだよ
    赤ん坊がなんか考えてるから気をつけろ
    おばあさん、ちょっとこっちきなさい
    ゆっくり持ち上げて、あ〜やっちゃったな
  • なんだよ、うるさいね
    人がお念仏となえているのに話しかけるんじゃねえよ
    お念仏の邪魔したら信心が入らんだろ

  • 今日の鍋に何を入れるって?
    目の前をどじょうやが通ってるから呼んできなさい
    どじょうやを入れるんじゃねえよ、どじょうを入れるんだよ
    早く呼ばねえとどじょうやが言っちまうぞ
    もっと大きな声でやばねえとどじょうやが・・・
    どじょうや〜!どじょうや〜!なむあみだ〜!
  • どじょうや、どじょうやとお念仏

そのまま続いてゆきます。

お仏壇に向かっている時の心

実際にお勤めをしている時、時間のことや法話の内容などを考えてしまうことがあります。

「ずっと仏様のことを思っている?」

そう聞かれて「はい!」とは堂々と言えません。

そんな僕の心の中をそのまま示しているような落語でした。