川崎市殺傷事件には憤慨された方も多いと思います。

犯人一人で2人を殺害し18人に重軽傷を負わせて自ら命を絶つ。

僕自身、今までで初めて「こんな身勝手なことあるか!」って思ってしまいました。

元号が変わって間もない時期にこんなに悲しいニュースが起こるとは犯人以外誰も想像できなかったでしょう。

有名な弁護士さんやキャスターさん、落語家さんまでが表現は違うけど「一人で死ねばいいのに」という意味の言葉をテレビで発言されました。

僕も、ニュースを見た後にそう思ってしまいました。

「一人で死ねば」に対する世間の反応

「一人で死ねば」とは言わずに、もっと相手のお話を聞きましょうという意見もあります。

しかし、このような意見に対する批判は強いです。

生きづらい時代の象徴

迷惑をかけるなら一人で死ねば」の賛否は置いておきますが、本当に生きづらい時代がやってきたなぁと感じます。

犯人の気持ちに焦点を当てたニュースは当然のように少ないですよね。

そして「死ぬなら一人で」という当然とも捉えられる意見はTwitterでもたくさんありますが、「命の尊さ」に対する意見は非常に少なく感じます。

命の悩みを抱えている方が打ち明けられない時代なんだと、今回のニュースに対する意見を拝見して感じた次第であります。