【白骨の御文章】夢、幻のような私たちの命のあり方を知らされて…

『白骨の御文章』お通夜や還骨勤行で味わえる大切なお手紙

浄土真宗では、お通夜や還骨勤行の際に『白骨の御文章』というお手紙を拝読いたします。

お参りの際に「他のところでも聞いたことある!」と言われることも多く、たくさんの方に親しまれているのだと実感させていただけます。

『白骨の御文章』には私たちの命のあり方と、私の命を見捨てない阿弥陀さまのお救いを示されております。

死を見つめることは生を見つめることと同じです。

私たちの人生の指針にもなりますので、ここで『白骨の御文章』を味わって参ります。

【白骨の御文章の本文】聞いたことのある言葉かも・・・

それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おほよそはかなきものはこの世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり。

さればいまだ万歳の人身を受けたりといふことをきかず、一生過ぎやすし。いまにいたりてたれか百年の形体をたもつべきや。

われや先、人や先、今日ともしらず、明日ともしらず、おくれさきだつ人はもとのしづくすゑの露よりもしげしといへり。

されば朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり。すでに無常の風きたりぬれば、すなはちふたつのまなこたちまちに閉ぢ、ひとつの息ながくたえぬれば、紅顔むなしく変じて桃李のよそほひを失ひぬるときは、六親眷属あつまりてなげきかなしめども、さらにその甲斐あるべからず。

さてしもあるべきことならねばとて、野外におくりて夜半の煙となしはてぬれば、ただ白骨のみぞのこれり。

あはれといふもなかなかおろかなり。

されば人間のはかなきことは老少不定のさかひなれば、たれの人もはやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、念仏申すべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。

【白骨の御文章の現代語訳】わかりやすい言葉から味わう

人間のいのちのありさまについて、じっくり考えてみますと、はかなく、まるで夢、幻のような一生と言わざるをえません。

「今まで、一万年、生きられた人がいる」とは、聞いたことがありません。あっという間に過ぎ去ってしまう一生です。どのような方が長生きできるというのでしょうか?

死の訪れは、自分が先であるのか、他人が先であるのか、また今日なのか、明日なのか・・・決して知ることもできません。

「若くして亡くなる方も、数えきれないほど多い」現実です。 それゆえ、朝には若々しく元気な様子の方も、夕暮れには白骨 となってしまう、そのような身です。

ひとたび無常の風が吹き来たったならば、眼はたちまちに閉じ て二度と開かず、息が絶えてしまいます。
そうなれば若く美しい顔色も変わり、華やかなすがたも失われ てしまいます。そのような時に、家族や親族がいくら嘆き悲し んでも、どうにもなりません。だからといって、そのままにも しておけないので、野外に送って火葬すれば、ただ白骨が残る ばかりです。

悲しい気持ちを晴らせません。

人のいのちのはかなさに、年齢は関係ありません。ですから、 どの方もはやく、「ただ、はかなく終わっていくだけのいのちでいいのだろうか・・・」というおもいを持ち、阿弥陀仏を 深くたのみとして、お念仏を申す身となることが大切なのです。

「まるで夢、幻のような一生」を歩むのが人生

「それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おほよそはかなきものはこの世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり」

という言葉からはじまります。

「浮生」と言われております。足を踏ん張って生きているのではなくまるで浮いているような儚い命であると示されております。

それぞれの方が精一杯の命を生きておりますので、夢、幻のように儚い命だとはなかなか思えません。

しかし、明日終えてもおかしくない命を誰もが生きております。

だからこそ大切にしたい生き方を『白骨の御文章』において示されております。

いつ命を終えても「間に合っている」と言えるほどの阿弥陀如来に抱かれて

『白骨の御文章』では、最後に、

「されば人間のはかなきことは老少不定のさかひなれば、たれの人もはやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、念仏申すべきものなり」

と示されております。

誰もが儚い人生を生きておりますので、命の長さに年齢は関係ありません。

だからこそ、「ただ、はかなく終わっていくだけのいのちでいいのだろうか・・・」という想いのままに阿弥陀さまを頼りとするお念仏の生活を送ることが大切です。

生きていることばかりに執着すると、死について考える機会が非常に少ないです。

しかし、私たちは必ず誰もが死んでいきます。

死について考えない人生はゴールのないマラソンを走っているようなものです。

『白骨の御文章』を拝読し、私たちの命のあり方と見捨てない阿弥陀さまの心を知らせていただきましょう。

浄土真宗の勉強ができる素敵な書物を紹介します