「ゴキブリの気持ち」〜命の平等さ〜

もしも、みなさまの前を小さな生き物が「カサカサカサカサ」と走ってきたらどんな反応をしますか。

おそらくですが、

怪しい人怪しい人

ぎゃ〜〜〜!!

と騒ぐ方が多いのではないでしょうか。

「カサカサ」というだけで嫌な顔をされる方が多いくらい人間に嫌われて生きています。

でも、ゴキブリはみなさまに悪いことをしているのでしょうか。

むしろ、ゴキブリは虫の死骸を食べて土に戻るそうなので頑張って地球を掃除してくれています。

救世主みたいじゃないですか!

それでも嫌われて、命を狙われてしまうんです。

ゴキブリの気持ちを想像してみた

ゴキブリはみなさまに危害を加えていますか?

ゴキブリは人間に向かってくることはありません。それどころか、人間に会ったら見つからないように隙間に逃げていきます。

ゴキブリさんゴキブリさん

ぎゃ〜〜〜!!
殺される〜〜〜!!
助けて〜〜〜!!

そうやって人間以上に騒いでいるのではないでしょうか。

ゴキブリさんゴキブリさん

僕も犬や猫みたいにペットとして飼って欲しいよ〜〜〜

そう思っているかも知れません。

よくよく考えてみますと、犬や猫やゴキブリは全く同じ命です。

しかし、私達は不条理に命の重みに差をつけています。

そのことが分かりやすく示されたあるアンケートがあります。

ゴキブリを嫌いな理由

ゴキラボさんが1000人の方に聞いたアンケート結果(ゴキラボさんのホームページより引用)によると、

ゴキブリを嫌いな人の割合は

93%でした。

嫌いな理由の1位と2位は「見た目」と「動き」で予想通りですが、3位は「生理的に受け付けない」ことでした。

えいかいえいかい

すでに同じ命として扱っていないですよね

そして4位はビックリする理由でした。

「飛ぶから」

鳥が飛んでも嫌がらないのに、ゴキブリが飛ぶのは嫌いな理由になるんです。

身体の構造が飛べるようになってるんだから飛ぶのは当たり前ですよね。

えいかいえいかい

人間が嫌いな理由で「喋るから」と言われているようなものです

いかに不条理な理由でゴキブリを嫌っているか理解できたかと思われます。

だからこそ、みなさまと一緒に考えたいことがあります。

ゴキブリも人間も思い通りの命ではない

誰一人として「生まれたい」と思って生まれていません。気付いたら人間としての命を賜っています。

それはゴキブリも同じことです。

わざわざ人間に不条理に嫌われるゴキブリに生まれたのではありません。気付いたらゴキブリとしての命を賜っているのです。

それどころか、あなたの目の前にいるゴキブリがあなたの前世だった可能性もあります。

ゴキブリの命も人間の命も本当は平等です。命の重みに差を付けるべきではありません。

そう考えると、ゴキブリを嫌う生き方って冷たい生き方のように感じませんか。

お互いに苦悩を抱えて生きる尊い命なんです。

仏様から見れば全ての命は同じ重み

私達は勝手に命の重みに差を付けますが、仏様から見ればすべての命は全く同じ重さです。

全ての命を放っておけないのが仏様です。

私中心の目線で世の中を見るのではなく、一歩下がって「仏様から見れば」という視点に立つことで自分がいかに自己中心か知らされます。

えいかいえいかい

不条理に嫌われて、命を狙われて、それでも精一杯生きている。

ゴキブリってすげぇやん!!マジで尊敬します!!

そんな視点を大切にできればと思うところです。

えいかいえいかい

僕もゴキブリ嫌いだけど・・・笑

おすすめの本を紹介します

教行信証の宗教構造: 真宗教義学体系