お坊さんのつぶやき部屋

「ありがたい日々」の記事一覧

「お母さんの請求書」〜お駄賃をねだる自己中心な私に届く「そのままの優しさ」

小学生時代のお小遣いは100円でした。 当時、5円チョコっていう5円玉の形のチョコレートが近所の駄菓子屋さんにあったので、 そうよろこんでいたのですが、サッカーの部活の帰りにジュースを買いたい僕にはどうしてもお小遣いが足 […]

小言念仏

落語の演目で「小言念仏」というものがあります。 「なんまんだぶ、なんまんだぶ」とお仏壇の前でお念仏を称えている場面から始まります。 お念仏を称えながら色々な小言を言う、一見、お念仏をバカにしているような落語です。 実際、 […]

交通事故を起こしてしまった時、自分勝手な僕に優しく教えてくれた警察官。

皆様は交通事故に遭ったことがあるでしょうか? ほとんどの方が交通事故を見たことがあると思われますが、ご自身が運転している車で交通事故に遭ったことはありませんか? 2013年にソニー損保がアンケートを実施した結果、69.8 […]

建設作業員時代にであった2人の友人。〜思い出を与えてくれた別れに感謝〜

大学時代、最も長く勤務していた職種は建設作業員でした。 建設作業員として勤務し始めたキッカケは、警備員をしている時に、「もっと高い給料で働けるよ」って警備会社に応援に来た5歳年上の友人に誘われたからです。 当時、警備員で […]

警備員時代の思い出。〜自分だけの殻に閉じ籠らず「相手とともに」を大切にしたい〜

僕は大学時代に色々な種類のアルバイトをしていたのですが、どこの勤務先でも忘れることのできないたくさんの思い出があります。 大学一年生の時は警備員のアルバイトをしていました。 その理由は時給1000円だったからです。 京都 […]