お坊さんのつぶやき部屋

「ありがたい日々」の記事一覧

建設作業員時代にであった2人の友人。〜思い出を与えてくれた別れに感謝〜

大学時代、最も長く勤務していた職種は建設作業員でした。 建設作業員として勤務し始めたキッカケは、警備員をしている時に、「もっと高い給料で働けるよ」って警備会社に応援に来た5歳年上の友人に誘われたからです。 当時、警備員で […]

警備員時代の思い出。〜自分だけの殻に閉じ籠らず「相手とともに」を大切にしたい〜

僕は大学時代に色々な種類のアルバイトをしていたのですが、どこの勤務先でも忘れることのできないたくさんの思い出があります。 大学一年生の時は警備員のアルバイトをしていました。 その理由は時給1000円だったからです。 京都 […]

トイレ我慢の限界のお盆参り。〜自分がいっぱいいっぱいだと、人の優しさに気付けない〜

お坊さんの仕事は話すことではなく聞くことだと思っているのですが、それができない時があります。 去年のお盆参りもそうでした。 なぜ、人の話を聞けなかったのか? その答えはたった一つでした。 お坊さんとして活動していて抵抗が […]

「誰も死ななかったらいいのに!」そう思っていたけど、死別は悲しみだけではないことを知らせていただきました。

これは僕が布教使の先輩に怒られた時のお話です。 お坊さんとして活動していると、愛する方との死別の悲しいお話を聞くことが多いです。 お話を聞くことが最も大切なお坊さんの仕事だと思っているのですが、たまに悲しいお話を聞くのが […]

かならず終わりがやってくるこの命。〜絶対の安心に包まれて命を終えていきたい〜

みなさまは理想的な命の終え方ってありますか? 僕は25歳の時に強く考えてた理想的な命の終え方があります。 それは・・・ 「死ぬ時に不安を感じたくない」 だから・・・ 「私は間違いなく仏になるという確信のもとにいのちを終え […]

お坊さんとして大反省!!〜「ほっとけさん」な私を「ほっとけんさん」〜

お坊さんとして反省!! 誰かを亡くした時や、お仏壇を購入した時にはお仏壇を大切にしますが、時間が経てばお仏壇から遠い生活をされる方が多いようです。 これはお坊さんである僕が、阿弥陀さまのご縁を繋げていない証拠なので、ほん […]