お坊さんのつぶやき部屋

浄土真宗大好きお坊さんのブログです!

「「正信念仏偈」」の記事一覧

本願名号正定業 至心信楽願為因 〜南無阿弥陀仏ひとつのお救い。私の信心は阿弥陀さまからの賜りもの〜

本願名号正定業 至心信楽願為因 本願の名号は正定の業なり。至心信楽の願(第十八願)を因とす。 阿弥陀さまの本願(御本意の願)が成就され、完成された名号南無阿弥陀仏こそが、お浄土に往生するための行であります。そして、至心信 […]

本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼 〜親鸞さまが「鸞」の字を使用されるほどに尊敬なされた曇鸞さま〜

本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼 本師曇鸞は、梁の天子、つねに鸞(曇鸞)の処に向かひて菩薩と礼したてまつる。 曇鸞大師は、梁の武帝が常に菩薩と仰がれた方であります。 今回の句より、中国の曇鸞大師の功績を讃えられます。 曇鸞 […]

五濁悪時群生海 応信如来如実言 〜生きづらい世の中で阿弥陀さまのお救いを聞かせていただける〜

五濁悪時群生海 応信如来如実言 五濁悪時の群生海、如来如実の言を信ずべし。 五濁と言われるほどに生きづらいこの世を生きる方々は、お釈迦さまの真実のみ教えを信じるべきであります。 「生きづらさ」を抱えながら、歯を食いしばり […]

如来所以興出世 唯説弥陀本願海 〜お釈迦さまは、私達に阿弥陀さまの救いをお伝えくださりました〜

如来所以興出世 唯説弥陀本願海 如来、世に興出したまふゆゑは、ただ弥陀の本願海を説かんとなり。 お釈迦さまがこの世にあらわれたのは、ただ阿弥陀さまのお救いを説くためであります。 ここでの「如来」とは、仏教のみ教えをお説き […]