お坊さんのつぶやき部屋

「「正信念仏偈」」の記事一覧

已能雖破無明闇 貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天 〜信心を賜っても自己中心な心は無くなりません。でも、ただ悲しむだけではありませんよ〜

已能雖破無明闇 貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天 すでによく無明の闇を破すといへども、貪愛・瞋憎の雲霧、つねに真実信心の天に覆へり。 阿弥陀さまのおはたらきにより信心を賜りましても、煩悩がなくなることはありません。 自分に […]

三蔵流支授浄教 焚焼仙経帰楽邦 〜現世での永遠の命よりも、永遠の仏の命を賜る方が大切〜

三蔵流支授浄教 焚焼仙経帰楽邦 三蔵流支、浄教を授けしかば、仙経を焚焼して楽邦に帰したまひき。 曇鸞大師は、菩提流支三蔵から阿弥陀さまのお救いを説かれた経典を経典を授けられました。 そして、曇鸞大師はいのちを終えることの […]

摂取心光常照護 〜阿弥陀さまより信心を賜り、阿弥陀さまに護っていただける人生〜

摂取心光常照護 摂取の心光、つねに照護したまふ。 阿弥陀さまの光明は、いつも私たちを照らしお護りくださっております。 阿弥陀さまとは、木の像や、絵の像だけのことではありません。「私たちを必ず救いとる」という、お救いのはた […]

凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味 〜この世では区別差別はあっても、お救いにはありません。すべての方が同じように救われてゆきます〜

凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味 凡聖・逆謗斉しく回入すれば、衆水海に入りて一味なるがごとし。 凡夫も聖者も、どのように罪の重い五逆の者も、仏法を敵視するような者であっても、阿弥陀さまのお誓いを信ずる身となれば、すべての河 […]

本願名号正定業 至心信楽願為因 〜南無阿弥陀仏ひとつのお救い。私の信心は阿弥陀さまからの賜りもの〜

本願名号正定業 至心信楽願為因 本願の名号は正定の業なり。至心信楽の願(第十八願)を因とす。 阿弥陀さまの本願(御本意の願)が成就され、完成された名号南無阿弥陀仏こそが、お浄土に往生するための行であります。そして、至心信 […]

能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃 〜「そのまま救う」の阿弥陀さまに抱かれた、よろこびが耐えない人生〜

能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃 よく一念喜愛の心を発すれば、煩悩を断ぜずして涅槃を得るなり。 阿弥陀さまより信心を賜りお救いをよろこばれる方は、自ら煩悩を断ち切らないまま、お浄土で仏のさとりを得ることができます。 この句 […]

本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼 〜親鸞さまが「鸞」の字を使用されるほどに尊敬なされた曇鸞さま〜

本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼 本師曇鸞は、梁の天子、つねに鸞(曇鸞)の処に向かひて菩薩と礼したてまつる。 曇鸞大師は、梁の武帝が常に菩薩と仰がれた方であります。 今回の句より、中国の曇鸞大師の功績を讃えられます。 曇鸞 […]

得至蓮華蔵世界 即証真如法性身 〜お浄土で仏のさとりを開かせていただける身に「今」定まります。

得至蓮華蔵世界 即証真如法性身 蓮華蔵世界に至ることを得れば、すなはち真如法性の身を証せしむと。 阿弥陀さまのお浄土に生まれさせていただいたならば、即座に阿弥陀さまと同じ仏のさとりを開く身になります。 仏教の目標は仏のさ […]

五濁悪時群生海 応信如来如実言 〜生きづらい世だからこそ、阿弥陀さまのお救いを聞かせていただきましょう〜

五濁悪時群生海 応信如来如実言 五濁悪時の群生海、如来如実の言を信ずべし。 五濁と言われるほどに生きづらいこの世を生きる方々は、お釈迦さまの真実のみ教えを信じるべきであります。 「生きづらさ」を抱えながら、歯を食いしばり […]

如来所以興出世 唯説弥陀本願海 〜お釈迦さまは、私たちに阿弥陀さまのお救いを伝えるためにこの世界にあらわれた仏さまでした〜

如来所以興出世 唯説弥陀本願海 如来、世に興出したまふゆゑは、ただ弥陀の本願海を説かんとなり。 お釈迦さまがこの世にあらわれたのは、ただ阿弥陀さまのお救いを説くためであります。 ここでの「如来」とは、仏教のみ教えをお説き […]