お坊さんのつぶやき部屋

「「正信念仏偈」」の記事一覧

矜哀定散与逆悪 光明名号顕因縁 〜光となり、声にまでなって私を導いておられる仏さま〜

矜哀定散与逆悪 光明名号顕因縁 定散と逆悪とを矜哀して、光明・名号因縁を顕す。 善導大師は、自力の修行によってお浄土へ生まれようとされる方や、一生涯、悪をつくり続けるようなすべての方をお哀れみになり、光明と名号が因縁とな […]

宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽 〜「大乗」だからこそ、すべての方が救われてゆくよろこびの位に定まります〜

宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽 大乗無上の法を宣説し、歓喜地を証して安楽に生ぜんと。 お釈迦さまは次のように予言されました。 「龍樹菩薩は尊いこの上なくすぐれている大乗のみ教えを説き示し、さとりを開くことが定まりよろこび […]

一生造悪値弘誓 至安養界証妙果 〜どんなに罪を作り続ける私であっても・・・〜

一生造悪値弘誓 至安養界証妙果 一生悪を造れども、弘誓に値ひぬれば、安養界に至りて妙果を証せしむといへり。 道綽禅師は次のように述べられました。 「たとえ、悪をつくり続けるような生涯であっても、阿弥陀さまのお救いを聞き信 […]

悉能摧破有無見 〜知らず知らずのうちに執着して偏ったものの見方をしてしまう私への呼びかけ〜

悉能摧破有無見 ことごとくよく有無の見を摧破せん。 龍樹菩薩は、有るとか無いとかに執着するような人間のはからい心をすべて打ち破られました。 「摧破」とはうち砕く、論破するといった意味であり、「有無の見」とは、有の思想・無 […]

像末法滅同悲引 〜どのような時代であっても、決して途切れないお救い〜

像末法滅同悲引 像末・法滅同じく悲引す。 正法・像法・末法、さらには法滅という教えそのものが滅してしまうような時代であっても、阿弥陀さまのお救いである浄土門だけは、あらゆる方々をすくい続けるのであります。 誰ひとりとして […]

釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺 龍樹大士出於世 〜謎多き天才。龍樹菩薩〜

釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺 龍樹大士出於世 釈迦如来、楞伽山にして、衆のために告命したまはく、南天竺(南印度)に龍樹大士世に出でて、 お釈迦さまは、現在のスリランカの山と推察される楞伽山で、大勢の方々にお説教をされま […]

印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機 〜多くの方々の功績によって、今、私たちは出遇わせていただいております〜

印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機 印度西天の論家、中夏(中国)・日域(日本)の高僧、大聖(釈尊)興世の正意を顕し、如来の本誓、機に応ぜることを明かす。 西方の国インドに出られた龍樹・天親の二 […]

三不三信誨慇懃 〜私の作る信心は当てになりません。間違いのない信心を賜ります〜

三不三信誨慇懃 三不三信の誨慇懃にして、 道綽禅師は、曇鸞大師の示された「三不信」の教示を承けて、「三信」を懇切に示されました。 ここで、道綽禅師は曇鸞大師の釈を承けておられたという、七高僧それぞれに関係があることが示さ […]

万善自力貶勤修 円満徳号勧専称 〜一緒に南無阿弥陀仏に導かれる人生を歩みましょう〜

万善自力貶勤修 円満徳号勧専称 万善の自力、勤修を貶す。円満の徳号、専称を勧む。 道綽禅師は自力でいくら修行しても劣っているものであることを示されました。そして、ただあらゆる功徳をそなえた名号を称えることをお勧めになられ […]