「お坊さんの法話」って、

どのようなイメージでしょうか?

「むずかしいお話」

「おもしろくないお話」

そんなイメージをお持ちの方がおられるかも知れません。

話を聞くことや、

長い文章を読むことに、

疲れを感じる方もおられるでしょう。

ですので、

今ブログでは、

「一口法話」として、

主観的な文章を書いていきます。

みなさまといっしょに、

「阿弥陀さまがいてくれてよかったね」

そう思えたら素敵だなぁと思います。

合掌

みなさまは、「南無阿弥陀仏」のお念仏を称え始めたキッカケを覚えておられますか?

幼稚園で習った方もおられるかと思われます。

葬儀で、初めて称えた方もおられるかと思われます。

祖父や祖母に教えられた方もおられるかと思われます。

いつだか覚えていないという方もおられるかと思われます。

逆に、覚えてる方がおられたら、管理人は驚きます。笑

だって、今の日本では、お念仏の環境は特別な環境ではないですもん。

いつの間にやら、お念仏を称えるのが当たり前になっていますもん。

生まれた時には、すでに周囲の方々が称えていたお念仏ですもん。

でも、一つだけ間違いのない事実があります。

 

それは、私がお念仏を称えている現実そのものが、多くの方々が縁になっていますよね。

 

その多くの方々もまた、多くの方々が縁になっていますよね。

そうして、繋がってきて、今、当たり前のように称えさせていただいているのがお念仏ですよね。

私自身、最初にお念仏を称えたのはいつか覚えていないです。

いつの間にやら、お念仏を称える生活が当たり前になっていました。

当たり前のように、朝起きたら仏壇の前でお念仏を称え、風呂に入る時に、気付いたらお念仏を称えています。

そして、阿弥陀さまのお話を、当たり前のように聞かせていただいております。

そして、気づいたら、阿弥陀さまのお話を聞くのが何よりの楽しみになっていました。

お話を聞こうと求めた記憶もありません。

なんで、こうなったんでしょうね。

自分でもわからないです。

でも、一つだけわかっていることがあります。

それは、私がお念仏を称えている現実も、阿弥陀さまのお話を聞く楽しみを覚えた現実も、たくさんの人が縁になったからです。

そして、そのすべては阿弥陀さまのおはたらきの真っ只中にいたからです。

「私がお念仏を称えている」という事実が、「阿弥陀さまが私とご一緒」の事実です

お念仏を称えようともしない。仏教を聞こうともしない。

そんな私を放っておけない阿弥陀さまの御心がありました。

「お前を放っておかんぞ」

という、阿弥陀さまのはたらきがありました。

そのはたらきが私に届いている証拠が、当たり前のようにお念仏を称えている現実です。

私一人を、お念仏称え、浄土に生まれ往く身とするために、想像すらできない時間をかけて願い、私にはたらき通しの阿弥陀さまです。

その阿弥陀さまのすくいのすべてが、「南無阿弥陀仏」の六字のお言葉に込められています。

当たり前のお念仏は、本来ならありえないお念仏です。

そんなお念仏をいただける人生でよかった。

私まで届いてくれてよかった。

そう思える人生が、心のゆとりを与えてくれます。

みなさま、お念仏称えられる身でよかったですね。

その現実を味わい、「南無阿弥陀仏」という、絶対の心の拠り所がおられることを聞かせていただく人生を、ともに、明るく生かさせていただきましょう。