アドラー心理学は使用の心理学?目的を持って感情も使用している??

アドラー心理学はたくさんの気づきを与えてくれます。

僕自身、アドラー心理学の「使用の心理学」という表現は衝撃的でした。

私たちが日常的に抱えている喜怒哀楽の感情は、実は抱えている感情ではなく使用している感情かも知れませんよ。

しかし、そう考えますといざ感情が出そうな時に抑えるヒントを与えてくれそうですね。

みなさまで一緒に使用の心理学について学んでいきましょう。

多くの感情を使用していることを知らされるアドラーの言葉

今回のアドラーの言葉では、私たちから出てくる「感情」の意味合いに焦点を当てられております。

意識と無意識に関わらず、毎日多くの感情を使用して生きておりますので、今回も皆様が受け取りやすい内容かも知れません。

今回は2つの言葉です。

今回のアドラーの言葉

一つ目

悲しいから涙を流すのではない

相手を責め同情や注目を引くために泣いているのだ

 

二つ目

カッときて自分を見失い怒鳴ったのではない

相手を支配するために怒りという感情を作り出して利用したのだ

みなさまは、この言葉をどのように受け取られたでしょうか。

私は「感情は出てきているものじゃん!」と反応的に思いましたが、アドラー心理学の勉強を進めるうちに考え方が変わってきました。

また、生きやすい考え方も手に入りました。

無意識に感情を使用している??目的論と絡めたら理解しやすい

この二つの言葉はアドラー心理学の「目的論」という考えに当て嵌めることができます。

今回は、「泣く」「怒る」という感情が出ておりますが、共通して感情を利用しているのだと述べられております。

私たちが泣いたり怒ったりする時、その原因に注目します。時には、誰かを非難してしまうこともあります。そのような考えを「原因論」と言います。

この原因論をアドラーは否定しました。「原因があって行動している」ことを否定して、「目的があって行動している」のであるという「目的論」を示されました。

今回のアドラーの言葉では、「泣く」「怒る」ことについて、

「相手を責め同情や注目を引くために泣いているのだ」

「相手を支配するために怒りという感情を作り出して利用したのだ」

という目的があるのだと述べられております。

ここで注意しておきたいのが、目的があるとは言っても「意識的に目的のために感情を利用しているとは限らない」ということです。

無意識に、気付いたら「泣く」「怒る」という感情を利用していないか?と私に問いかけることができるのも目的論の捉え方と言えるでしょう。

【使用の心理学】無意識に使用している場合もあります

また、同じように、アドラー心理学は使用の心理学と言われておりますが、意識的に使用するものばかりではありません。

無意識に目的のために感情を使用していることもあります。

そう知らされた時に、私たちの感情の意味合いが変わってきますよね。

自然と出てくるものだと思っていたのが「実は目的があって使用していたんだ」と知らされることで、感情を操ることもできます。

「使用の心理学」の考え方を活かして、もっと生きやすい人生をお互いに目指しましょう。

可能性は無限大です。人生はいつでも変わることができます

もしも、自分の行動全てに原因があるという原因論の考えでは、過去を振り返るばかりの人生になってしまいます。しかし、目的論は「今の私の目的」を考えられるため、選び直したり、変えていくことができます。

人生を良くするためには過去を振り返るのではなく自分の人生の行く末を見つめ直さなければなりませんが、そのために目的論は最適な考え方と言えるでしょう。

今回のアドラーの言葉を通して、感情だけではなく、私の選んだ行動全てに目的があって今の私が生きているのだと感じたいものです。

感情は出るものではなく使用するもの。

私たちは感情に揺さぶられるのではなく、そこに感情を使用しているという新たな価値観を付け加えて人生を歩みましょう。

これからも私たちの人生はいつでも変えることができます。

音声データはこちら

アドラー心理学の勉強ができる書籍を紹介します