TAG 浄土

ありがたい日々

「宝くじ」を中心にする新しいお仏壇の飾り方。そんな自分の欲望のための飾り方はありません!!

京都で学生をさせていただいていた時、隣の大阪府でお参りのお手伝いをさせていただくことがりました。 大阪府は、田舎暮らしの私にとって大都会でありました。 考えられないことばかりでありました。 たとえば・・・ 家と家との間が…

「正信念仏偈」

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入 〜道綽禅師は教えてくれました。阿弥陀さまにお任せする以外、どうしてもさとりを開けない私でありました〜

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入 道綽、聖道の証しがたきことを決して、ただ浄土の通入すべきことを明かす。 道綽禅師は、自力の修行である聖道門によってさとりを得るのは困難であることを示されました。そして、私たちがさとりを得る…

「正信念仏偈」

獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣 〜ご信心を賜ったならば、決して迷うことのない本当のよろこびを賜ります〜

獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣 信を獲て見て敬ひ大きに慶喜すれば、すなはち横に五悪趣を超截す。 ご信心を賜り、阿弥陀さまを敬う安心の生涯を賜ったならば、即時に決して迷いの世界に沈むことはありません。 この二句では、阿弥陀…

「正信念仏偈」

必至無量光明土 諸有衆生皆普化 〜お浄土に生まれて終わりではありません。それからが大活躍!〜

必至無量光明土 諸有衆生皆普化 かならず無量光明土に至れば、諸有の衆生みなあまねく化すといへり。 「阿弥陀さまのお浄土に至ったならば、あらゆるいのちを救うことができます」そのように、曇鸞大師は示されました。 僕は、浄土真…

「正信念仏偈」

三蔵流支授浄教 焚焼仙経帰楽邦 〜現世での永遠の命よりも、永遠の仏の命を賜る方が大切〜

三蔵流支授浄教 焚焼仙経帰楽邦 三蔵流支、浄教を授けしかば、仙経を焚焼して楽邦に帰したまひき。 曇鸞大師は、菩提流支三蔵から阿弥陀さまのお救いを説かれた経典を経典を授けられました。 そして、曇鸞大師はいのちを終えることの…

「正信念仏偈」

得至蓮華蔵世界 即証真如法性身 〜お浄土で仏のさとりを開かせていただける身に「今」定まります。

得至蓮華蔵世界 即証真如法性身 蓮華蔵世界に至ることを得れば、すなはち真如法性の身を証せしむと。 阿弥陀さまのお浄土に生まれさせていただいたならば、即座に阿弥陀さまと同じ仏のさとりを開く身になります。 仏教の目標は仏のさ…

「正信念仏偈」

五濁悪時群生海 応信如来如実言 〜生きづらい世だからこそ、阿弥陀さまのお救いを聞かせていただきましょう〜

五濁悪時群生海 応信如来如実言 五濁悪時の群生海、如来如実の言を信ずべし。 五濁と言われるほどに生きづらいこの世を生きる方々は、お釈迦さまの真実のみ教えを信じるべきであります。 「生きづらさ」を抱えながら、歯を食いしばり…

「正信念仏偈」

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就 〜「仏になる」のが私の目標。救いを定められた今を前向きにいきましょう〜

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就 等覚を成り大涅槃を証することは、必至滅度の願(第十一願)成就なり。 この世で仏になることが約束され、いのちが終える時にはかならずお浄土に生まれさせていただき、仏のさとりを開くことができるの…

『仏説阿弥陀経』

『仏説阿弥陀経』には「倶会一処」と説かれております。この言葉が心の安らぎを与えてくれました

『仏説阿弥陀経』では、お浄土の素晴らしさをあらゆる視点から説かれております。 今を生きる私が願い求めるべき場所でありますので、お釈迦さまは「こんなに素晴らしいところだから、阿弥陀さまのお浄土に生まれたいと思ってお念仏を称…