法蔵菩薩

仏教の言葉

法蔵菩薩の因位の時、世自在王仏の所にましまして、諸仏の浄土の因、国土人天の善悪を覩見して、 無上殊勝の願を建立し、希有の大弘誓を超発せり。 五劫これを思惟して摂受す。

私たちがお勤めしている浄土真宗のお経本の最初に「正信念仏偈」というお経があります。 その3行目から8行目に、 法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 という言葉があ…

「正信念仏偈」

五劫思惟之摂受 〜私をそのまま救うために、途方も無い時間をおかけになられた阿弥陀さま〜

五劫思惟之摂受 五劫思惟してこれを摂受す。 法蔵菩薩は、五劫という想像すらできないほどの時間をかけて願いを起こされました。 前の句では、法蔵菩薩のために世自在王仏はお浄土を建てるための修行を説かれておりました。 そして、…

「正信念仏偈」

覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 〜「私たちの救い」のためだけに必死の修行をされた法蔵菩薩〜

覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 諸仏の浄土の因、国土人天の善悪を覩見して、無上殊勝の願を建立し、希有の大弘誓を超発せり。 「讃仏偈」が終わったあと、「すべての命をすくい取りたい」という法蔵…

「正信念仏偈」

法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 〜お師匠さまを讃え、私たちの救いを誓われた阿弥陀さま〜

法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 法蔵菩薩の因位の時、世自在王仏の所にましまして、 阿弥陀さまが、まだ因位の菩薩としての修行時代に、法蔵と名乗っておられた時、世自在王仏のもとで、 「帰命無量寿如来 南無不可思議光」という、…