正信念仏偈

「正信念仏偈」

弘経大士宗師等 拯済無辺極濁悪 道俗時衆共同心 唯可信斯高僧説 〜阿弥陀さまのお救いが受け継がれてきた理由は、私たちが救われるためでした〜

弘経大士宗師等 拯済無辺極濁悪 道俗時衆共同心 唯可信斯高僧説 弘経の大士・宗師等、無辺の極濁悪を拯済したまふ。道俗時衆ともに同心に、ただこの高僧の説を信ずべしと。 浄土真宗のみ教えをお伝えくださった高僧方は、数限りない…

「正信念仏偈」

源信広開一代教 偏帰安養勧一切 〜お浄土へ生まれることををただ勧めるのではなく、自ら願われたのが七高僧です〜

源信広開一代教 偏帰安養勧一切 源信広く一代の教を開きて、ひとへに安養に帰して一切を勧む。 源信和尚は、お釈迦さまの説かれた教えを広く学ばれて、ひとえにお浄土へ生まれることを願い、また世のすべての人々にもお勧めになられま…

「正信念仏偈」

慶喜一念相応後 与韋提等獲三忍 即証法性之常楽 〜信心を賜ることこそ、本当のよろこびでしょう〜

慶喜一念相応後 与韋提等獲三忍 即証法性之常楽 慶喜の一念相応して後、韋提と等しく三忍を獲、すなはち法性の常楽を証せしむといへり。 阿弥陀さまのお誓いに疑いがなくなるその時に、『仏説観無量寿経』に出てまいります韋提希夫人…

「正信念仏偈」

開入本願大智海 行者正受金剛心 〜海のように広大な阿弥陀さまのお誓いによって信心を賜ります〜

開入本願大智海 行者正受金剛心 本願の大智海に開入すれば、行者まさしく金剛心を受けしめ、 大いなる智慧の海のような阿弥陀さまのご本願によって、決して壊れることのない信心を賜るのであります。 信心のことを「金剛心」と表現さ…

「正信念仏偈」

印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機 〜多くの方々の功績によって、今、私たちは出遇わせていただいております〜

印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機 印度西天の論家、中夏(中国)・日域(日本)の高僧、大聖(釈尊)興世の正意を顕し、如来の本誓、機に応ぜることを明かす。 西方の国インドに出られた龍樹・天親の二…

「正信念仏偈」

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃 〜苦しみの絶えないこの世は、将来、間違いなくさとりを開かせていただく尊い世であります

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃 惑染の凡夫、信心発すれば、生死すなはち涅槃なりと証知せしむ。 どのような方でありましても、阿弥陀さまよりご信心を賜ったならば、迷いの世界にいるままが、仏のさとりを開く身であったことをさとら…

「正信念仏偈」

五劫思惟之摂受 〜私をそのまま救うために、途方も無い時間をおかけになられた阿弥陀さま〜

五劫思惟之摂受 五劫思惟してこれを摂受す。 法蔵菩薩は、五劫という想像すらできないほどの時間をかけて願いを起こされました。 前の句では、法蔵菩薩のために世自在王仏はお浄土を建てるための修行を説かれておりました。 そして、…

「正信念仏偈」

覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 〜「私たちの救い」のためだけに必死の修行をされた法蔵菩薩〜

覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 諸仏の浄土の因、国土人天の善悪を覩見して、無上殊勝の願を建立し、希有の大弘誓を超発せり。 「讃仏偈」が終わったあと、「すべての命をすくい取りたい」という法蔵…

「正信念仏偈」

法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 〜お師匠さまを讃え、私たちの救いを誓われた阿弥陀さま〜

法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 法蔵菩薩の因位の時、世自在王仏の所にましまして、 阿弥陀さまが、まだ因位の菩薩としての修行時代に、法蔵と名乗っておられた時、世自在王仏のもとで、 「帰命無量寿如来 南無不可思議光」という、…