往生

「正信念仏偈」

極重悪人唯称仏 〜自分自身のことを「極重悪人」と表現し、私たちにお念仏を勧めてくださった源信和尚〜

極重悪人唯称仏 極重の悪人はただ仏を称すべし。 きわめて罪の重い悪人は、ただ念仏によって救われていくのであります。 源信和尚は「念仏証拠」の文に、次のように示されております。 三には、四十八願のなかに、念仏門において別に…

「正信念仏偈」

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入 〜道綽禅師は教えてくれました。阿弥陀さまにお任せする以外、どうしてもさとりを開けない私でありました〜

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入 道綽、聖道の証しがたきことを決して、ただ浄土の通入すべきことを明かす。 道綽禅師は、自力の修行である聖道門によってさとりを得るのは困難であることを示されました。そして、私たちがさとりを得る…

「正信念仏偈」

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃 〜苦しみの絶えないこの世は、将来、間違いなくさとりを開かせていただく尊い世であります

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃 惑染の凡夫、信心発すれば、生死すなはち涅槃なりと証知せしむ。 どのような方でありましても、阿弥陀さまよりご信心を賜ったならば、迷いの世界にいるままが、仏のさとりを開く身であったことをさとら…

「正信念仏偈」

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就 〜「仏になる」のが私の目標。救いを定められた今を前向きにいきましょう〜

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就 等覚を成り大涅槃を証することは、必至滅度の願(第十一願)成就なり。 この世で仏になることが約束され、いのちが終える時にはかならずお浄土に生まれさせていただき、仏のさとりを開くことができるの…