念仏為本 〜声になってまで至り届いている。私を救う阿弥陀さまのおはたらき〜

「安心論題」

浄土真宗のお坊さんが、
とても大切にしている勉強です。

「勉強」っていうと、
なんか嫌なイメージが先走りますね。笑

しかし、
浄土真宗の勉強は、
「そのまま救う」という、
阿弥陀さまのお心を味わうご縁であります。

決して、
試験勉強のように、
つらいものではありません。

親鸞聖人があきらかにされた、
浄土真宗のみ教えを味わうことにより、
私自身、仏縁に遇わせていただこうと思っているところであります。

南無阿弥陀仏

「念仏為本」ってどういう意味??

「念仏為本」という言葉は、親鸞聖人の師匠であります法然聖人の主著である『選択本願念仏集』に出てまいります。

そこでは、

南無阿弥陀仏{往生之業 念仏為先

と示されているのを、親鸞聖人は『教行証文類』において、

南無阿弥陀仏{往生之業 念仏為本

と示されております。

『選択本願念仏集』では「念仏為」なのが、『教行証文類』では「念仏為」となっております。

これは、決して親鸞聖人が勝手に変えたわけではありません。

親鸞聖人への伝授本は「」となっていたため、そのまま引用されているのであります。

『教行証文類』の後序に、
「選択本願念仏集」の内題の字、ならびに「南無阿弥陀仏 往生之業 念仏為本」と「釈綽空」の字と、空の真筆をもつて、これを書かしめたまひき。
と示されております。

「念仏為先」も「念仏為本」も意味は同じで、「お浄土に参らせていただく行として、お念仏が最も肝要なんですよ」ということであります。

「念仏為本」と言っても、称えるはたらきではなく阿弥陀さまのおはたらきによって救われていきます

私たちがお浄土に生まれるという結果を引き起こすはたらきを「正定業」と言います。

しくお浄土に生まれて仏になることが決する因」
ですので、「正定業」です。

正定業とは、私たちの救いを決定させるはたらきでありますので、捉える場面によって示し方が変わっていきます、

『選択本願念仏集』には、称名正定業が示されております。

正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。

「正信念仏偈」には、名号正定業が示されております。

本願の名号正定の業なり。至心信楽の願(第十八願)を因とす。

『一念多念文意』には、信心正定業が示されております。

「是名正定之業順彼仏願故」といふは、弘誓を信ずるを、報土の業因と定まるを、正定の業となづくといふ、仏の願にしたがふがゆゑにと申す文なり。

名号とは、阿弥陀さまのお救いのはたらきそのものであります。

信心とは、阿弥陀さまのお救いが心ではたらいているすがたであります。

称名とは、阿弥陀さまのお救いが口ではたらいているすがたであります。

このように、称名、名号、信心のいずれも阿弥陀さまのお救いのはたらきであることに共通しておりますので、正定業であると言えます。

ですので「念仏為本」とは、称える行為に功徳があるのではなく、阿弥陀さまのお救いを念仏のところで示されたものであります。

「念仏為本」といっても「信心正因」と矛盾しません

「念仏こそが救われていく最も肝要な因ですよ」

そう言われますと、どうしても阿弥陀さまより賜る信心によって救われていく浄土真宗のみ教えと矛盾しているようであります。

しかし、法然聖人は疑いのない信心によって救われてゆくことを明確に示されております。

次に「深心」とは、いはく深信の心なり。まさに知るべし、生死の家には疑をもつて所止となし、涅槃の城には信をもつて能入となす。ゆゑにいま二種の信心を建立して、九品の往生を決定するものなり。

「疑をもつて所止。信をもつて能入」

阿弥陀さまのお救いを疑うならば、お浄土に生まれることはできません。しかし、信心が決定するならば、お浄土に生まれることができます

ここに、疑うか信じるかが、お浄土に生まれる要因であることを明確に示されております。

「念仏為本」といっても、念仏のところで阿弥陀さまのおはたらきを語られたものでありますので、信心ひとつで救われてゆくことと矛盾するはずがありません。

それでは、なぜ法然聖人は「念仏為本」と表現されたり、念仏のところで正定業を語られているのでしょうか?

称名のところで救いを示されたところに、万人が目当ての阿弥陀さまの広大なお慈悲を感じます

『選択本願念仏集』には、阿弥陀さまが他の行ではなく称名念仏を選び取られた理由について、次のように示されております。

念仏はこれ勝、余行はこれ劣なり。
(中略)
みなことごとく阿弥陀仏の名号のなかに摂在せり。ゆゑに名号の功徳もつとも勝となす。余行はしからず。


念仏は修しやすし、諸行は修しがたし。
(中略)
念仏は易きがゆゑに一切に通ず。諸行は難きがゆゑに諸機に通ぜず。

このように、「勝れていること」と「易しいこと」で示されております。

称名念仏という行そのものは、名号を称えることであります。

その名号の功徳が最も勝れているので、私が積み上げる他の行での功徳とは比較になりません。

また、称名念仏はいつでもどこでも称えることができます。

他の厳しい行は、行ずる人の能力や才能によっては断念せざるを得ません。

しかし、称名念仏は誰でも行ずることができるほど易しい行でありますので、阿弥陀さまによって選択されたことを示されております。

すべてのいのちが目当てだから称名念仏

阿弥陀さまのお誓いは、すべてのいのちを目当てにされております。

様々な行がありますが、すべてのいのちが行ずることができなければ、救われない方を作ることになってしまいます。

あらゆる行を差し置いて、阿弥陀さまは南無阿弥陀仏ひとつで救うというお誓いを建てられました。

「南無阿弥陀仏ひとつ」と言いましても、他のすべての行よりも勝れており、最も易しい行であります。

その南無阿弥陀仏を賜っているという現実を大切に、日々を尊く暮らして生きたいものです。

「疑いようのない南無阿弥陀仏ですから!」

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m