遊煩悩林現神通 入生死園示応化 〜「遊」自由自在に、遊ぶように、あらゆるいのちを導ける〜

遊煩悩林現神通
入生死園示応化

煩悩の林に遊んで神通を現じ、生死の園に入りて応化を示すといへり。

お浄土に生まれさせていただき、仏のいのちを賜ったならば、さらに迷いの世界に還らせていただき、あらゆる方々を救うことができるのであります。

浄土真宗の勉強をはじめた頃、よく考えていたことがあります。

それは、仏教の根本のような疑問です。

英海
お浄土に生まれて仏のいのちを賜ったらどうなるんだろう・・・

仏のいのちを賜っても、お浄土でボーッとしてるだけなら、僕はあまりお浄土に行きたくありません。笑

だって、暇そうじゃないですか!?笑

そんなことを考えていた私は、「仏になる」ということを理解してませんでした。

「仏のいのちを賜ってから大活躍なんだ!!」ということを教えてくれたのが今回の句であります。

お浄土に生まれて、仏になって、この世界に還らせていただくところまでお誓いになられた阿弥陀さま

この句は、天親菩薩によって説かれたお浄土で賜る功徳である五果門の中、園林遊戯地門に拠っております。

そこでは次のように述べられております。

出第五門とは、大慈悲をもつて一切苦悩の衆生を観察して、応化身を示して、生死の園、煩悩の林のなかに回入して遊戯し、神通をもつて教化地に至る。本願力の回向をもつてのゆゑなり。

出の第五門である園林遊戯地門とは、大いなる慈悲の心をもって、すべての苦しみ悩む衆生を見て、それに応ずる衆生救済の身をあらわし、迷いの世界にかえって来て、神通力をもって自在に衆生に利益を与えることであります。
これは阿弥陀さまの救いの力・はたらきである本願力の回向によるからであります。

ここで、お浄土に往生し、さとりを開いて仏となったならば、迷いの世界に還らせていただき、あらゆる方々をを自由自在に救う活動をさせていただくことが示されております。

そして、そのような救済の活動をさせていただけるのは、本願力の回向をもつてのゆゑなり」と示されているように、阿弥陀さまのおはたらきによるからであります。

阿弥陀さまのおはたらきによってお浄土で仏のさとりを開いたならば、あらゆるいのちを救う活動をさせていただけるのですが、蓮如上人は『正信偈大意』にて、さらに明確にそのことを示されております。

「遊煩悩林現神通 入生死園示応化」といふは、これは還相回向のこころなり。弥陀の浄土にいたりなば、娑婆にもまたたちかへり、神通自在をもつて、こころにまかせて、衆生をも利益せしむべきものなり。

還相回向」という言葉が出てまいりました。

二種類の回向をお聞かせいただけるのが、浄土真宗の尊いところです

次に出てまいります曇鸞大師のところで、しっかり味わってみようと思うのですが、阿弥陀さまのおはたらきによってお浄土に往く相を往相といい、往生成仏後に還る相を還相といいます。

そして、この往相と還相は、阿弥陀さまが功徳を回向(与えて)くださるから可能になるので、「往相回向」還相回向」といわれるのであります。

さて、ここで還相回向が示されているのはどのような意味でしょうか。

お浄土という世界では、ただぼーっとしているのではありません。休むことなく救いの活動をさせていただきます。

死後まではたらくのはいやだという方がおられるかも知れませんが、きっと楽しくてたまらないのでしょう。

なぜならば、今回の句で「遊煩悩林現神通」と、「」の字が使われております。

まるで遊ぶように、楽しくてたまらない救いの活動

「遊」とは、遊戯の意味で、衆生を自由自在に救うことができるという意味と、救っても「救ってやった」という執着がないことをあらわしております。

そのような衆生を救済させていただく場について、一句目では「煩悩林」と、二句目では「生死園」と示されております。

この「煩悩林」と「生死園」とは対句であり、ともにこの世のことであります。

そして、この世での救いの活動の行い方を、ここでは「示応化」と示されております。これは救うべき相手に応じて様々にすがたを変えて現れることであります。

このような救いの活動そのものは、阿弥陀さまより信心を賜ったことによる利益であります。

ゆえに親鸞聖人は、この利益を得ることも天親菩薩が示された「一心」によることを「正信念仏偈」に讃えられたのでありました。

つまり、『浄土論』は、「一心」を開いたものを偈文で示し、その内容は長行に説かれる五念門行の徳を具えたものであります。

つまり、長行に身口意に仏さまを念じ、その功徳を他の衆生に回向するという五念門行の徳を示されるのですが、すべて一心すなわち信心におさまるのであります。

ですので、『浄土論』の全体が他力信心の広大な功徳を示されていると窺うことができます。

ゆえに、他力の信心には五念門の徳が具わっているので、信心を賜ったなら生活の上に五念門のすがたがあらわれてくるのであります。

「園林遊戯」と示されているように、他の方々にみ教えをお話することが私の楽しみとなっているのか。

今、信心を賜って生きる私のすがたを省みさせていただける天親菩薩の句であると感じさせていただくところであります。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m