火葬場での「ありがとう」

「お坊さんの法話」って、

どのようなイメージでしょうか?

「むずかしいお話」

「おもしろくないお話」

そんなイメージをお持ちの方がおられるかも知れません。

話を聞くことや、

長い文章を読むことに、

疲れを感じる方もおられるでしょう。

ですので、

今ブログでは、

「一口法話」として、

主観的な文章を書いていきます。

みなさまといっしょに、

「阿弥陀さまがいてくれてよかったね」

そう思えたら素敵だなぁと思います。

合掌

いつもお坊さんとして反省します

葬儀では、人の気持ちを無駄にしないように大切にお勤めさせていただこうと思っていくのですが、それは,お坊さんとして決して陥ってはならない慢心でありました。

後になって葬儀を振り返ってみますと、葬儀のたびに、御門徒さまから色んなことを教えていただき、お育ていただている現実に気付かされます。

その中でも、一つの、
忘れられない家族葬がありました。

その時に、人のいのちが亡くなった時、どのような感情が大切なのか。

本当に大切なことを気付かされました。

「ありがとう」がなくならない家族葬

その家族葬の参列者は3名でした。

一人の女性の方が亡くなったのですが、その三人の御子息が参列者でありました。

朝7時に電話が鳴り、臨終勤行に向かいました。

その臨終勤行で来られていたのは息子さん一人でした。

読経が終わった後、私が後ろに向くと、息子さんがお話してくださいました。

それは、このようなお話でありました。

「母は、本当に無欲な方でした」
「母は、僕のために何でもしてくれる方でした」
「母は、一度も僕を裏切ったことがない方でした」

そのような、「母は、母は」という母親が主語のお話をしてくださいました。

1時間半ほどお話してくださったのですが、あっという間のようでした。

そして、その日の夜にお通夜がありました。

お通夜では読経が終わった後、いつもなら阿弥陀さまのお話をさせていただくのですが、その日は3名の御子息様にこう尋ねました。

「御母様って、どのような方だったのですか?」

すると、

「母はこういう方でした」

ということをひたすらお話してくれました。

そのお通夜も、途中で葬儀社の方も司会の方もいなくなり、みんなで色んなことを話し合う場になりました。

その翌日に葬儀、正確には葬場勤行を勤めさせていただき、その後に火葬場でおつとめさせていただきます。

その火葬場で決して忘れられない光景がありました。

私の地元の火葬場では、ご遺体を火葬炉に収める前に、火葬場の方が故人の顔が見えるように棺の蓋をずらして、こう言います。

「それでは、最後にお別れをしてください」

その日も同様でありました。

火葬場の方が「お別れ」という言葉を使っているので、「さようなら」、「あっちでも元気でね」という言葉をかける方が多いのですが、その家族葬では違いました。

誰一人としてお別れの言葉や「さようなら」という言葉を述べることはありませんでした。

みんなで棺の周りを囲んで、一人10回ほど言ったと思います。

なんと言ったか。

「お母さん、ありがとう、ありがとう、ありがとう」

その日、火葬場の中には「ありがとう」の言葉が何度も響きました。

愛する方との死別があった時、最後に「ありがとう」と言える御遺族の方は、すっきりした表情をされている方が多いことに気付きます。

「さようなら」ではなく「ありがとう」

その大切さを思い知らされます。

浄土真宗というみ教えでは、さらに大切な心を知らされます。

「ありがとう」だけではなく、「これからもよろしくお願いします」

「あなたが阿弥陀さまのおはたらきにより、お浄土に参らせていただき、仏のさとりをひらかせていただいたならば、私が合掌しお念仏称える御縁となって、ずっと私と一緒にいてくださるんやね」

「お母さん、これからもよろしくね」

そう思える心を、浄土真宗は与えてくれます。

「ありがとう、なんまんだぶ、なんまんだぶ」

 

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m