阿弥陀さまってどんな仏さまなんだろう・・・

「お坊さんの法話」って、

どのようなイメージでしょうか?

「むずかしいお話」

「おもしろくないお話」

そんなイメージをお持ちの方がおられるかも知れません。

話を聞くことや、

長い文章を読むことに、

疲れを感じる方もおられるでしょう。

ですので、

今ブログでは、

「一口法話」として、

主観的な文章を書いていきます。

みなさまといっしょに、

「阿弥陀さまがいてくれてよかったね」

そう思えたら素敵だなぁと思います。

合掌

阿弥陀さまってなんなんだろう?

阿弥陀さまとは、「私たちを救うはたらきそのもの」です。

だから、

お坊さん
阿弥陀さまは、
このような仏さまなんだよ!

そのような表現はできません。

ただ私を救うために、私のところで私にはたらき通しであります。

でも、それじゃいまいちパッとしないから、「阿弥陀さまは〜〜〜な仏さまだよ」という表現をされる場合があります。

例えば、

「優しい仏さま」

「私の支えとなる仏さま」

「いつも寄り添ってくださる仏さま」

色々な表現がありますが、なんかパッとしないですよね。

阿弥陀さまの正式名称は、一応は「阿弥陀如来」ですが、「南無阿弥陀仏」というさとりのすがたを示し、はたらき続けておられる仏さまであります。

余計にパッとしなかったりして・・・笑

どうも、「優しい」、「いつも寄り添ってくださる」、「私の支えとなる」という人格的表現が先走りすぎている感じがします。

もちろん、私たちに理解しやすいように、人格的表現も大切なんですよ。

ただ、阿弥陀さまの大悲の御心は決して人格的表現ではあらわせません。

また、煩悩抱えた人間の優しさで、阿弥陀さまの御心を喩えることはできません。

つまり、私たちが頭で色々と考えても決して捉えることのできないのが阿弥陀さまの御心です。

私たちは、どうしても考えたり計らったりと、素直に捉えることができない心を持ち合わせています。

その私の心をたよりにして阿弥陀さまという仏さまを作り出すのではなく、阿弥陀さまの御心のままを聞かせていただくより他ありません。

「阿弥陀さまの御心のまま」について、少し難しい言葉を使いますと、「仏願の生起本末」と言います。

文字通りですと、「阿弥陀さまが願いを建てられた理由と、その願いが成し遂げられたこと」です。

要するに「救われ難い私を救うために、願いを起こし、願いが成し遂げられたということです。

そして、「南無阿弥陀仏」のお言葉となって、私たちに至り届き、はたらき続けておられるのが阿弥陀さまです。

その阿弥陀さまの、「必ず助ける」という願いを、余計なことを考えずに素直に聞かせていただくより他にありません。

だって、阿弥陀さまとは、頭で理解できるものではなく、私たちを救うというはたらきそのものですからね。

加茂仰順和上のお言葉に、

仏法のことは趣味とか研究とか云うこととは異なり、自分自身の生活が本当に真剣に問題になり、自分自身で自分を解決しようとするとき、その問題が自分に先んじて、如来によって問題とせられて、われを見ぬいて、出離の能力なしと見て、仏の自意にて、私たちの生死の苦を抜く大事を南無阿弥陀仏の御名において、これを解決して、これを発表して、汝を仏のわれと見ぬいて解決したぞと、私たちに喚びこんで下さる御声です。

阿弥陀さまに問題とせられていた私たちがいて、その私たちを放っておけないという願いのままに、「南無阿弥陀仏」のお言葉を完成し、はたらき続けておられるのが阿弥陀さまという仏さまです。

現に私のもとに至り届いている阿弥陀さまのことを、頭で色々と考えるのではなく、

「疑いようのない仏さまのおすくいを、今、恵まれている」

そのように、ただ、聞かせていただくばかりですよね。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m