お坊さんに渡す封筒には、なんで「御礼」じゃなく「御布施」「御仏前」って書くの?

法事などを勤める際、現代では僧侶に金銭を渡します。

この金銭が僧侶へのお礼の気持ちで渡すならば、「御礼」と書くはずですよね。

しかし、浄土真宗では「御布施」や「御仏前」と書きます。

不思議じゃないですか?

だって、「御布施」ってややこしい言葉をわざわざ使わなくても・・・笑

私自身、僧侶として生活させていただいておりますが、小さな頃は「御布施」という言葉が不思議でした。

「御布施」という言葉を聞くたびに、

英海
そんなややこしい言い方せんでも、「ありがとう」って意味なら「御礼」でええやんけ!!

そんなことをずっと思っておりました。

その時の私は、御布施をする理由と、御布施とは誰に向かってするものなのか、全く分かっていなかったですね。

「御布施」ってどういう意味なんだろう?

浄土真宗における御布施とは、人間に対する報酬ではありません。

御布施とは、私を間違いなくお浄土に迎えとるという、阿弥陀さまへの感謝の想いより報じさせていただく報恩の行いであります。

「布施」とは、「ほどこす」という仏教の大切な実践行の一つです。

見返りを求めず、ただほどこさせていただくことが仏道修行の一つとされております。そのように考えますと、法事での御布施も見返りを求めるものではありません。

ちなみに、法事の時には僧侶も布施を行っております。

布施行には、「無財の七施」といった財産以外の心に焦点をあてた布施もありますが、基本的には「三施」といって、三種類の布施行が説かれる場合が多いです。

「法施」  法を説くこと
「財施」  財物を施すこと
「無畏施」 怖がる必要のない安心を与えること

このうち、一般的な金封の御布施は財施にあたります。

そして、法事の際の僧侶の説教は法施にあたります。

つまり、御布施は僧侶に支払われますが、阿弥陀さまへのご恩に報いる気持ちで行われる財施という布施行であり、僧侶の法話もまた、阿弥陀さまへのご恩を味わい、一人でも多くの方とよろこんでいこうという心持ちで行う布施行であります。

また、これらの布施行が修行であるためには、施す人と施される人、施し物の三つがともに清浄でなくてはなりません。

つまり、見返りを期待したり、何か魂胆があったりすれば、布施行にはならないのであります。

そうしますと、私たちは一つ、気をつけるべきことがあります。

それは、

法事とは阿弥陀さまに出遇わせていただくご縁であり、阿弥陀さまへの感謝の想いから勤められるものであるという軸がブレていないかです。

その中心の軸さえブレていなければ、御布施は布施行として大切であり、こられた方との接し方も、お客さまではなくともによろこばせていただく仲間であると捉えられます。

そのような心持ちから勤められる法事は、みんなが一つになり、みんなが同じ方向を向く素晴らしいものだと思います。

そして、それこそが浄土真宗の法事のあり方でしょう。

単なる「御礼」ではなく、「御布施」であること一つにも、阿弥陀さまのお救いをよろこび合える深い意味がありましたね。

これからも、ともに布施行を勤めさせていただきましょう。

ここまで書いててなんですが、浄土真宗では「布施行」と言うことはそんなにありません。

これは阿弥陀さまが法蔵菩薩と名乗っておられたころの修行と関係しておりますが、浄土真宗のお坊さんに「布施行がない」のではありません。煩悩抱えて「布施行にならない」と考えるべきです。

「できない」と「しない」では大きな違いです。

お坊さんは布施行をしようと務めるべきだと思います。

もしかしたら、いつもお経だけ読んでサッサと帰るお坊さんがおられるかも知れません。
そのようなお坊さんにも疑問点などがありましたら、お気軽にお尋ねください。
法施はお坊さんの最低限の実践であり、「一人でも多くの方とよろこんでいこう!」というのが、浄土真宗を伝える役目があるお坊さんの宿命であります。
きっと、あらゆる疑問に丁重にお答えいただけるかと思われます。

これからも、法事などの仏縁を通して、御門徒さまも僧侶も関係なく、平等に届いている阿弥陀さまの御心のもと、ともに布施の実践ができればと思います。

合掌

ちなみに、今ページは、私自身がお参りで「御布施」をいただいた時に、「お金」と捉えることのないように、しっかり法施をしようという私自身への戒めの気持ちで書いております。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m