五劫思惟之摂受 〜私をそのまま救うために、途方も無い時間をおかけになられた阿弥陀さま〜

五劫思惟之摂受

五劫思惟してこれを摂受す。

法蔵菩薩は、五劫という想像すらできないほどの時間をかけて願いを起こされました。

前の句では、法蔵菩薩のために世自在王仏はお浄土を建てるための修行を説かれておりました。

そして、今回の句では、世自在王仏が説かれた210億というみ教えの中でも、特に私たちが救われるための願いを、想像すらできないほど長い時間をかけて選び取られたことを讃えられております。

今、南無阿弥陀仏と私たちのもとに到り届いている阿弥陀さまの願いの結晶が如何に尊いものか、私は強く実感させていただくところであります。

私たちを「間違いなく」救うには途方もない時間が必要でありました

今回の句のシーンについて、『仏説無量寿経』では次のように説かれております。

五劫を具足し、思惟して荘厳仏国の清浄の行を摂取す

法蔵菩薩は、五劫の間、思いをめぐらして、お浄土をうるわしくととのえるための清らかな行を選びとられました。

親鸞聖人の師匠であります法然聖人の門弟で、親鸞聖人の兄弟子にあたる聖覚法印は『唯信鈔』という書物の中で次のように示されております。

二百一十億の諸仏の浄土の中より、すぐれたることをえらひとりて極楽世界を建立したまへり
(中略)
これをえらぶこと一期の案にあらず、五劫のあひだ思惟したまえり。
 

210億もの様々な仏さまの国の中から、特に勝れているところだけを選び取り、阿弥陀さまはお浄土を建てられました。
(中略)
阿弥陀さまがお浄土を建てるのに考えられた時間は、決して普通に思考するくらいの時間ではありません。私たちの想像を超えるほどの時間であります。

法蔵菩薩が「あらゆるいのちを救いとりたい」という願いを起こし、お浄土の建てられ、考えられた遥かなる時間が「五劫」であります。

ところで、「五劫」ってどれくらいの長さなんだろう

それでは、「劫」とはどのくらいの長さを示す言葉なのでしょうか。『雑阿含経』という経典に、「劫」の長さについて「芥子劫」、「盤石劫」という二種類の説明がされてあります。 

「芥子劫」

四方と高さが1由旬(およそ60㎞)の鉄城があり、その中に芥子の実を充満し、百年に一度、一粒の芥子の実を持ち去ってすべての芥子の身がなくなっても、まだ劫は終わらない。


「盤石劫」

四方と高さが1由旬の巨大な石があって、一人の男が毛氈で百年に一度その石を払い、その盤石が摩擦でなくなってしまっても、まだ劫は終わらない。

きっと、どのくらいの長さを示されているのか想像すらできないと思います。笑

「一劫」ですらはかり知れない時間でありますので、「五劫」とはとてつもない時間になることが予想されますよね。ちなみに、阿弥陀さまに関して、よく「劫」という単位が出てまいります。

法蔵菩薩の思惟は「五劫」でありますが、阿弥陀さまになられるまでの修行期間は「兆載永劫」、成仏されて今日まではおよそ「十劫」、阿弥陀さまの寿命は「阿僧祇劫」、また世自在王仏の国土での寿命は「四十二劫」だといわれております。

「兆」は十の十二乗、「載」は十の四十四乗、「阿僧祇」は十の六十四乗であります。

私を救うために、なぜ想像すらできないほどの時間をおかけになられたんだろう・・・

阿弥陀さまが願いを果たし遂げるために想像すらできないほどの時間がかかった理由はたった一つであると思います。

それは、

「私を救う」ことは、それほど困難なことだからです。

み教えを聞こうともせず、お念仏を称えようという思いすら持とうともしないという性根を抱えて生きているのが私でありました。

少しでも、「仏になることを考えてみよう」、「仏道を真面目に歩いてみよう」という心を持ち合わせている私であるならば、救われる可能性があったのかも知れません。

しかし、そんな私ではありません。

気付いたら自己中心に他者を傷つけていく私を、煩悩抱えたまま、そのままお浄土に導くとは、さとりに向かっていく仏教の常識では考えられないことであります。

その願いを果たしとげるために、想像すらできないほどの時間をかけられ、願いのままに救済のはたらきを続けておられる阿弥陀さまであります。

その願いは決して他人事ではありません。

親鸞聖人は『歎異抄』という書物の中で、

弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。さればそれほどの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ

という非常に有名な言葉を残されております。

法蔵菩薩のご苦労を知らされた時、自然と「親鸞一人」の箇所に自分の名前を入れて味わう心が湧いてきます。

親鸞聖人がそれほどまでによろこばれた阿弥陀さまのお救いが、今、当たり前のように私たちに伝わってきております。

私一人を救いとるための阿弥陀さまのお心に出遇わせていただいて、お互いに本当に良かったですね。

「阿弥陀さまがいてくれてよかった」

そのように、みなさまで想い合えたら素敵なことだと思います。

僕の大好きな「正信念仏偈」を味わう本です。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m