万善自力貶勤修 円満徳号勧専称 〜一緒に南無阿弥陀仏に導かれる人生を歩みましょう〜

万善自力貶勤修
円満徳号勧専称

万善の自力、勤修を貶す。円満の徳号、専称を勧む。

道綽禅師は自力でいくら修行しても劣っているものであることを示されました。そして、ただあらゆる功徳をそなえた名号を称えることをお勧めになられました。

修行する能力が劣っている私がいくら修行をしても名号を称える称名念仏に敵うはずがありません。

名号には、「私をかならず救う」という阿弥陀さまの功徳がすべて込められているのですから、私のはからいでは決して届かないものであります。

そんな当たり前のことを、今回の句に知らされます。

修行によってさとりを得る自力ではなく、ただ名号を称える他力を道綽禅師はお勧めになられます

今回の二句は、『安楽集』の次のお言葉などに拠っております。

もろもろの大乗経に弁ずるところの一切の行法に、みな自力・他力、自摂・他摂あり。

いろいろの大乘経の中に説いてあるすべての行法には、 みな自力・他力、 自摂・他摂というものがあります。

大乗の経典に説かれているすべての行法は、自力、他力や、そのどちらかによっていることを示されております。

この言葉に続いて、

何者か自力。たとへば人ありて生死を怖畏して、発心出家して定を修し、通を発して四天下に遊ぶがごときを名づけて自力となす。何者か他力。劣夫ありて己身の力に信せて驢に擲りて上らざれども、もし輪王に従へばすなはち空に乗じて四天下に遊ぶがごとし。すなはち輪王の威力のゆゑに他力と名づく。衆生もまたしかなり。ここにありて心を起し行を立て浄土に生ぜんと願ずるは、これはこれ自力なり。命終の時に臨みて、阿弥陀如来光台迎接して、つひに往生を得るをすなはち他力となす。ゆゑに『大経』(上・意)にのたまはく、「十方の人天、わが国に生ぜんと欲するものはみな阿弥陀如来の大願業力をもつて増上縁となさざるはなし」と。もしかくのごとくならずは、四十八願すなはちこれ徒設ならん。後学のものに語る。すでに他力の乗ずべきあり。みづからおのが分を局り、いたづらに火宅にあることを得ざれ。

どういうのが自力であるかといいますと、たとえば、人が迷いを恐れ、菩提心をおこして出家し、禅定を修めて神通力をおこし、あらゆる世界へ自由自在に行くようなことを、自力と言います。
どういうのが他力であるかといいますと、たとえば、劣夫は自分の力では驢馬に乗って空にのぼることができなくても、転輪王の行幸に従えば空にのぼってあらゆる世界に行くことができるようなものであります。
すなわち転輪王の威力によるから、これを他力と名づけます。衆生もまたそのとおりであります。この世で菩提心をおこして、修行するのを自力とします。お浄土の往生を願って、臨終の時に阿弥陀如来の光台に迎えられ、往生をうるのを他力とします。
それゆえ『大経』には、「十方の人天で、わが国に往生しようと思うものは、 みな阿弥陀如来の大願業力をもって最上の力とせぬものはない。」と説かれております。
もしそうでなかったならば、四十八願は、いたずらに設けたことになります。
後の世の仏法を学ぶ者に告げる。すでに、乗ずべき他力の法があるから、みずから自力にかかわって、いたずらに迷いの世界におってはなりません。

自力のみ教えとはさとりを求めようという心を発し修行することであり、他力のみ教えとは往生浄土を願い阿弥陀さまに迎え取られることであると説かれます。

また、さらに道綽禅師は、自力のみ教えではなく、他力のみ教えを歩むべきことを示されております。

つまり、聖道門ではなく浄土門を勧められております。

その道綽禅師の勧めが、「万善自力貶勤修 円満徳号勧専称」という二句であります。

道綽禅師のお勧めの通りに念仏を称える他力浄土門の道を歩ませていただきましょう!

万善自力」とは、お念仏以外の自力で行ずるあらゆる行のことで、聖道門のことであり、「貶勤修」とは「勤修を貶める」ということであります。

ゆえに「万善自力貶勤修」とは、自力の行を修して仏になる修行を廃するという意味になります。

円満徳号」とは、名号南無阿弥陀仏のことでありますが、「円満」といわれるのは如来の大願業力によってできあがっており、どんな悪業にも煩悩にもさまたげられずに衆生を仏にするはたらきがあるからであります。

ゆえに「円満徳号勧専称」とは、名号のはたらきに気づかれ、称名念仏をすすめ、大衆に多大な教化を施されたことであります。

また、この句から、道綽禅師が勧められた浄土門は念仏一行であり、親鸞聖人は今回の二句でそのような道綽の功績を讃えられているのであります。

このように、道綽が勧めておられる浄土門の道を、余計なはからいを交えずにともに歩ませていただきませんか。

名号南無阿弥陀仏に導かれる人生をともに歩ませていただきましょう。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m