読解力は文章作成の大切な要素です。コツを覚えて鍛えましょう。

文章を作成するには読解力が必要です。

文章を書くことと読むことは別の行為のようでありますが、読解力が上がれば執筆能力も上がります。

えいかい
そういえば、国語ができる人って、よく本を読む人が多かったなぁ

僕はそう思うこともありましたが、実は理にかなったことでした。

文章作成が上手になれば生活のあらゆる場面で活かされるので、読解能力について今ページでつぶやきます。

たくさん本を読むことが大切です

読書量によって文章力が必ずしも上昇する訳ではありませんが、主語と述語の使用法、誤字脱字を見つける能力は読書量で伸ばすことができます。

しかし、本なら何でもいいのではありません。

色々な本を読みましょう!

手当たり次第に本を読んでも文章力は上がりません

当然のことながら、漫画ばかり読んでいても文章力は上がりません。

だからといって、小説ばかり読んでいても実用的な文章を書けません。

実用的な文章を読むことはもちろんのこと、小説や論文など、あらゆる形態の文章を読むことで、様々な文章を書くことができます。

誰もが得意分野と不得意分野があることでしょう。

得意な本ばかりを読んでいても、不得意分野を伸ばすことはできません。

色々な種類の本を読むことで、どんな文章作成にも対応できるようにしましょう。

インプットとアウトプット

インプットがなければアウトプットはできません。

アウトプットが求められますが、質の高いアウトプットやスピード感のあるアウトプットを導き出すためにはインプットこそが重要になります。

インプット

考える

アウトプット

このサイクルが文章作成ですので、インプットがなければ出発点に立つことさえできません。

その点、本には著者の知識や考え方が詰まっております。

自分に無かった知識や考え方を身に付けることができる有効なツールですので、「本を読むこと」を大切にしましょう。

読解力を鍛えましょう

読解力とは、「著者が言いたい内容を読み取る能力」のことです。

読解力を上げるためには、情報を頭に止める方法や重要な情報を圧縮する方法を学ぶ必要があります。

著者の言いたいことを的確に捉えることができれば話の要点を絞ることができるので、読解力を上げることは大切です。

リーディングスパンについて

リーディングスパンとは、「一目で読み取れる文字の幅」ということであります。

鍛えることによって読みの記憶力を高めることができます。

さらに、本を読むスピードも上がりますので時間の効率化にもつながります。

ですので、読解力を鍛えるために大切な要素です。

これもたくさんの本を読むことで自然と鍛えることができます。

主語と述語を正しく読み取りましょう

文章は主語と述語から構成されております。

そして段落はいくつかの文章からなり、記事はいくつかの段落からなっております。

つまり、「主語と述語」を読み取ることが読解力の基礎であります。

私たちは話し言葉で主語を抜くクセがあり、「主語と述語」を読み取る能力がどうしても欠けそうになってしまいます。

読解力を磨くためにも主語と述語を正しく読み取ることを意識しましょう。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m