韓流ドラマの特徴。〜ダイレクトだから届く言葉〜

皆様は韓流ドラマを観てますか?

僕は、韓流ドラマにハマっていく人を見て理解できませんでした。

トレーニングジムにたまに行くのですが、休憩室でマダム達が韓流ドラマの話をしていたので、ついつい聞いてしまいました。

えいかい
韓流ドラマってそんなに面白いんですか?

そう聞いたら、

マダム
面白いけん、あんたも観てみなさい!!

そう言われて、聞いてもないのにオススメの作品を教えてくれました。

ついでに、韓流ドラマの構成についても教えてくれました。

ここで書く内容はブログの管理人が実際に聞いたり仕入れたりする情報であることをお許しください

話のパターンがある

スポーツジムで聞いた内容ですが、話の結論が読めるそうです。

・三角関係
・記憶喪失
・出生秘密

といった内容が間にあるけれど、結論は予想通り、悪役っぽい人が困ってイケメンがいい感じになるそうです。

話を聞くたびに

えいかい
話が読めたら面白くないやん!!

そう思いました。

わざわざ観ることはないだろうなぁと思っていたのですが、僕も韓流ドラマを観ることになりました。

そのご縁を与えてくれたのは僕の嫁です。

今はお寺に住んでいないのでお寺まで毎日通っております。

一会社員のような日々ですが、決して無駄にしたくない朝起きてから出勤するまでの忙しい時間、僕の嫁は韓流ドラマが流れる時間になるとテレビを付けます。

嫁は時間を無駄にしない人なのですが、韓流ドラマだけはすかさず観ています。

えいかい
韓流ドラマって面白いん?

そう聞くと、「韓流ドラマはパターンがあるんよ」と言って、また取り憑かれたようにテレビに釘付けです。

その嫁のすがたに惹かれて、いつの間にか僕も韓流ドラマを観ていた時期がありました。

韓流ドラマ信者の一歩手前までハマっていました。

韓流ドラマを観ていて気付いたことがあります。

韓流ドラマでは言葉がダイレクト

インターネットで調べても同じことを述べている方が多いのですが、韓流ドラマはリアルな人間模様を描き出してます。

日本のドラマは日本人の性格に反映させているのかも知れませんが、言葉や感情をダイレクトにあまり伝えませんよね。

日本のドラマでは「言葉を使わなくてもわかるだろ・・・」みたいな感情を感じるのですが、韓流ドラマでは「好き、嫌い」という言葉を普通にためらいなく使います。

あくまでも僕の主観です

韓流ドラマはリアルなのですぐに入ることができますし、我慢せずに気持ちをそのまま吐き出すシーンが多いので清々しく感じます。

言いたいことを言えずにモドカシイ気持ちを抱えたことは誰でもあるのではないでしょうか。

言わなければならないことさえ堂々と言えないことがあるのが人生であります。

日本は、「空気を読めない」という意味の「KY」が流行語になる程、周りとの調和を大切にして思ったことを堂々ということができない社会です。

もっとダイレクトに気持ちを伝えてくれた方が嬉しいこともありますよね。

実際に、ダイレクトに言葉となって届いている「そのままのあなたを放っておかないよ」という言葉が南無阿弥陀仏です。

「南無阿弥陀仏を聞いたら救われる」という話のパターンも結論もわかっていても、何度も聞こうと思うことができる。

何度でも阿弥陀さまは南無阿弥陀仏というはたらきとなって私のもとに響いてくださる。

そんな南無阿弥陀仏と韓流ドラマの二つの共通点。

結論があることとダイレクトに伝わってくることを感じさせていただきました。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m