機法一体 〜私の信心と阿弥陀さまのおはたらきは、本来一体の南無阿弥陀仏〜

「安心論題」

浄土真宗のお坊さんが、
とても大切にしている勉強です。

「勉強」っていうと、
なんか嫌なイメージが先走りますね。笑

しかし、
浄土真宗の勉強は、
「そのまま救う」という、
阿弥陀さまのお心を味わうご縁であります。

決して、
試験勉強のように、
つらいものではありません。

親鸞聖人があきらかにされた、
浄土真宗のみ教えを味わうことにより、
私自身、仏縁に遇わせていただこうと思っているところであります。

南無阿弥陀仏

「機法一体」ってどういう意味?

四文字熟語の呪文みたいですね。

僕が浄土真宗のみ教えに触れていなかった時に、この漢字だけを見たら何のことやらさっぱりわからなかったと思います。

触れている方でさえ、難しい内容であります。

簡単に書く能力が僕にはありません。

ですので、一文字ずつの言葉の意味を丁寧に考察していきましょう。

「機」
救われてゆく私たちのすがた。つまり信心のこと。

法」
阿弥陀さまの救いの力・はたらき。
「一体」
一つのものであるということ。

ゆえに「機法一体」とは、「私たちの信心()」と、「阿弥陀さまの救いの力・はたらき()」は「一つのもの(一体)」であるということを意味します。

「南無」と「阿弥陀仏」で「南無阿弥陀仏」

浄土真宗本願寺派八代目宗主の蓮如上人は、お手紙の中で次のように述べられております。

南無の二字は衆生の阿弥陀仏を信ずる機なり。次に阿弥陀仏といふ四つの字のいはれは、弥陀如来の衆生をたすけたまへる法なり。このゆへに機法一体の南無阿弥陀仏といへるはこのこころなり

「南無の二字は衆生の阿弥陀仏を信ずる機なり。次に阿弥陀仏といふ四つの字のいはれは、弥陀如来の衆生をたすけたまへる法なり」

という前半の言葉は先に挙げた「機」「法」の意味と合致した内容であります。

後半の言葉が、蓮如上人の特徴的な解釈であります。

このゆへに機法一体の南無阿弥陀仏といへるはこのこころなり

つまり「南無阿弥陀仏」とは、「衆生の信心」と「阿弥陀さまのお救いの力・はたらき」によって成立していると言われております。

その他、六字全体を衆生の信心にした解釈や、六字全体を阿弥陀さまの救いの力・はたらきとした解釈もあります。

このように、蓮如上人には様々な南無阿弥陀仏の解釈があるのですが、南無阿弥陀仏という言葉の意味からいえば、南無の二字は衆生の信心をあらわし、阿弥陀仏の四字は阿弥陀如来の救いの力・はたらきをあらわす言葉であると言えるでしょう。

本来一つのものであるので「一体」

衆生の信心と阿弥陀さまの救いの力・はたらきとは、本来一つのものであります。

組み合わさって南無阿弥陀仏になるのではなく、衆生の信心となってはたらくものとして、南無阿弥陀仏は完成されているのであります。

ですので、衆生の信心は衆生自らがはからいによっておこすものではありません。

阿弥陀さまの救いの力・はたらきによって成立するものであります。

つまり、衆生を信ぜしめ、救いとる法として成就されてあるものが機法一体の南無阿弥陀仏と言えます。

 

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m