正座で勉強や作業をすると効率がUPUPします!

「足が痛くなるから嫌!」

正座には、そのようなイメージが強いようです。

確かに、今は椅子と机の洋室スタイルが当たり前になっておりますので、地べたに座ることも少ないでしょう。

地べたで座る場合も、座椅子かあぐらで作業する方が多いように感じます。

しかし、普段はあぐらで作業していることを正座に変えるだけで、作業効率が上がることもあります。

そんな正座のメリットについてつぶやいていきましょう。

正座は集中力を高めるのに有効な座り方です!

みなさまは、正座で書道やそろばんをしたら、時間を忘れて没頭していたという経験はないでしょうか?

私は、その経験が幾度もあるのですが、よくよく考えてみたら不思議なことだと思います。

と言いますのも、正座には「足が痛くなる」というイメージしかなかったからです。

様々な座り方がある中で、正座はどちらかと言えば、「やりたくない」座り方でありました。

しかし、長いお経をあまり動かずに唱えているお坊さんのすがたや、落語家が原稿を間違えることなく、長い時間正座でお話されている様子を見ると、「正座には集中力を高める効果があるのかなぁ」と思っておりました。

そこで調べてみたのですが、正座で集中力が高まるメカニズムはとても簡単なものでした。

「正座」とは、言葉の通りに「正しく座る」ということであります。

正しく座る正座のかたちでは、骨盤は左右対称になり、背筋も伸びやすくなります。すると、身体が吸収する酸素量も増えますので、呼吸を整え、脳のはたらきもよくなります。

正座によって忍耐力や集中力が高まります。

このように、正座が集中力を高めるのに有効な理由は証明されているにも関わらず、現代では正座をする機会が少なくなってきております。

「最近は落ち着きのない子どもが増えている」

私はそのことをあまり実感しておりませんが、そんな言葉を聞くことは多くあります。

「落ち着きのない子ども」に対して、「大人しくしなさい」と言って落ち着くはずがありません。

だって、そう言ってる大人の心は落ち着いてませんから。

それよりも、椅子やソファーではなく、さりげなく大人が正座する雰囲気を用意してみてはいかがでしょうか。

頭ごなしに注意して子どものやる気をなくしてしまうよりも、自然と落ち着けるような環境を用意できるような子育てがしたいものです。

また、正座で集中力が高まる理由は他にもあります。

正座で眠気も解消されます

食後は眠たくなりますよね〜。

食事によって、胃に食物が入ってきた時、血液が胃に集中します。すると、脳内の血液が少なくなり、思考力が低下してしまいます。その結果、眠たくなります。

しかし、正座をすると、血液は上半身にだけ巡ってきます。そして、脳内の血液が少なくなるのを防ぐ効果があります。その結果、正座をすることで眠たくなりづらくなります。

それとは逆に、食後に楽な椅子やソファーに座ったら、一瞬で眠気が訪れるのではないでしょうか。笑

リラックスできる時間ならば、それも大切かもしれません。しかし、集中力を高めて仕事や勉強をしたい時間があるはずです。

そのような時に、集中力を高めるのにも、眠気を解消するのにも効果的な正座を取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでも、足が痛くて正座したくない時は?

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m