CATEGORY 「正信念仏偈」

「正信念仏偈」

宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽 〜「大乗」だからこそ、すべての方が救われてゆくよろこびの位に定まります〜

宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽 大乗無上の法を宣説し、歓喜地を証して安楽に生ぜんと。 お釈迦さまは次のように予言されました。 「龍樹菩薩は尊いこの上なくすぐれている大乗のみ教えを説き示し、さとりを開くことが定まりよろこび…

「正信念仏偈」

悉能摧破有無見 〜知らず知らずのうちに執着して偏ったものの見方をしてしまう私への呼びかけ〜

悉能摧破有無見 ことごとくよく有無の見を摧破せん。 龍樹菩薩は、有るとか無いとかに執着するような人間のはからい心をすべて打ち破られました。 「摧破」とはうち砕く、論破するといった意味であり、「有無の見」とは、有の思想・無…

「正信念仏偈」

印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機 〜多くの方々の功績によって、今、私たちは出遇わせていただいております〜

印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機 印度西天の論家、中夏(中国)・日域(日本)の高僧、大聖(釈尊)興世の正意を顕し、如来の本誓、機に応ぜることを明かす。 西方の国インドに出られた龍樹・天親の二…

「正信念仏偈」

弥陀仏本願念仏 邪見驕慢悪衆生 信楽受持甚以難 難中之難無過斯 〜お救いから逃げるばかりで、本来なら絶対に救われない私でした〜

弥陀仏本願念仏 邪見驕慢悪衆生 信楽受持甚以難 難中之難無過斯 弥陀仏の本願念仏は、邪見・驕慢の悪衆生、信楽受持すること、はなはだもつて難し。難のなかの難これに過ぎたるはなし。 阿弥陀さまのお誓いのままに信心を賜り、お念…