CATEGORY 「正信念仏偈」

「正信念仏偈」

弥陀仏本願念仏 邪見驕慢悪衆生 信楽受持甚以難 難中之難無過斯 〜お救いから逃げるばかりで、本来なら絶対に救われない私でした〜

弥陀仏本願念仏 邪見驕慢悪衆生 信楽受持甚以難 難中之難無過斯 弥陀仏の本願念仏は、邪見・驕慢の悪衆生、信楽受持すること、はなはだもつて難し。難のなかの難これに過ぎたるはなし。 阿弥陀さまのお誓いのままに信心を賜り、お念…

「正信念仏偈」

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入 〜道綽禅師は教えてくれました。阿弥陀さまにお任せする以外、どうしてもさとりを開けない私でありました〜

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入 道綽、聖道の証しがたきことを決して、ただ浄土の通入すべきことを明かす。 道綽禅師は、自力の修行である聖道門によってさとりを得るのは困難であることを示されました。そして、私たちがさとりを得る…

「正信念仏偈」

仏言広大勝解者 是人名分陀利華 〜汚れたこの世界に染まらず、美しく白く咲き誇る蓮華と讃えられる〜

仏言広大勝解者 是人名分陀利華 仏、広大勝解のひととのたまへり。この人を分陀利華と名づく。 お釈迦さまは、阿弥陀さまのお救いを聞く信心の方を、「何より勝れた智慧を得た方」と讃え、汚れのない白い蓮華のようであるとお褒めにな…

「正信念仏偈」

一切善悪凡夫人 聞信如来弘誓願 〜「大丈夫」になるのではありません。「大丈夫」が届いていることをただ聞かせていただくのが信心です〜

一切善悪凡夫人 聞信如来弘誓願 一切善悪の凡夫人、如来の弘誓願を聞信すれば、 善人も悪人も関係なく、どのような方であっても、阿弥陀さまのお誓いを聞き信じるならば、 ここでは、「善悪凡夫人」と示されております。言葉の通りで…

「正信念仏偈」

獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣 〜ご信心を賜ったならば、決して迷うことのない本当のよろこびを賜ります〜

獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣 信を獲て見て敬ひ大きに慶喜すれば、すなはち横に五悪趣を超截す。 ご信心を賜り、阿弥陀さまを敬う安心の生涯を賜ったならば、即時に決して迷いの世界に沈むことはありません。 この二句では、阿弥陀…

「正信念仏偈」

必至無量光明土 諸有衆生皆普化 〜お浄土に生まれて終わりではありません。それからが大活躍!〜

必至無量光明土 諸有衆生皆普化 かならず無量光明土に至れば、諸有の衆生みなあまねく化すといへり。 「阿弥陀さまのお浄土に至ったならば、あらゆるいのちを救うことができます」そのように、曇鸞大師は示されました。 僕は、浄土真…

「正信念仏偈」

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃 〜苦しみの絶えないこの世は、将来、間違いなくさとりを開かせていただく尊い世であります

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃 惑染の凡夫、信心発すれば、生死すなはち涅槃なりと証知せしむ。 どのような方でありましても、阿弥陀さまよりご信心を賜ったならば、迷いの世界にいるままが、仏のさとりを開く身であったことをさとら…

「正信念仏偈」

譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇 〜煩悩を抱えたそのまま、阿弥陀さまより信心を賜ったすがたそのまま〜

譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇 たとへば日光の雲霧に覆はるれども、雲霧の下あきらかにして闇なきがごとし。 (いつも自らの煩悩によって、信心が覆われているようでありますが、)しかし、たとえ日の光が雲や霧にさえぎられても、そ…

「正信念仏偈」

天親菩薩論註解 報土因果顕誓願 〜『浄土論』の真意。私が救われる因果のすべては阿弥陀さまのお誓いのままでした〜

天親菩薩論註解 報土因果顕誓願 天親菩薩の『論』(浄土論)を註解して、報土の因果誓願に顕す。 曇鸞大師は、七高僧の一人であります天親菩薩の『浄土論』を註釈して、お浄土に生まれさせていただく要因も結果も、すべて阿弥陀さまの…