タノムタスケタマヘ 〜阿弥陀さまのお救いが先。「たのむ」心すら賜りもの〜

「安心論題」

浄土真宗のお坊さんが、
とても大切にしている勉強です。

「勉強」っていうと、
なんか嫌なイメージが先走りますね。笑

しかし、
浄土真宗の勉強は、
「そのまま救う」という、
阿弥陀さまのお心を味わうご縁であります。

決して、
試験勉強のように、
つらいものではありません。

親鸞聖人があきらかにされた、
浄土真宗のみ教えを味わうことにより、
私自身、仏縁に遇わせていただこうと思っているところであります。

南無阿弥陀仏

「タノムタスケタマヘ」って、お祈りしてるみたいだけど、そんな意味ではありません

「タノムタスケタマヘ」というのは、「たのむ」「たすけたまへ」という表現のことであります。

浄土真宗本願寺派八代目宗主の蓮如上人が書かれた『御文章』というお手紙の中で頻繁に出てまいります。

たとえば、日常のお勤めでも拝読されることがありますし、みなさまがお持ちのお経本にもおそらく記載されております「末代無智章」では、次のように出てまいります。

末代無智の在家止住の男女たらんともがらは、こころをひとつにして阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、さらに余のかたへこころをふらず、一心一向に仏たすけたまへと申さん衆生をば、

「たのむ」

おそらく、「たのむ」という語からは、「お願いする」ことを連想される方が多いのではないでしょうか?

そう考えれば、上に挙げた『御文章』の「こころをひとつにして阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて」の意味は、「二心なく、阿弥陀さまに助けてくださいとお願いして」という意味になります。

しかし、これでは阿弥陀さまが先だった浄土真宗のみ教えと合致おりません。

実は、「たのむ」の解釈が間違えているのであります。

「現代のたのむ」は「お願いする」という意味がほとんどでありますが、「古語のたのむ」は、「たよる」「まかせる」という意味がほとんどです。

『御文章』の「たのむ」も同様に、「たよる」「まかせる」という意味で用いられております。

「たすけたまへ」

「たすけたまへ」という表現で、「たすけてくれ〜!」ってお願いしているわけではありません。

「たすけたまへ」とは、「たすけたまふ」という言葉の命令形であります。

ゆえに、「たすけたまへ」は「おたすけになる」という意味になります。

『御文章』の「たすけたまへ」はその意味でありますので、「おたすけになってください」という意味であります。

「たすけたまへとたのむ」

ここまでの考察で、『御文章』のお示しは親鸞聖人のみ教えと相違しないことがあきらかになりました。

つまり、「たのむ」「たすけたまへ」の二つの言葉を組み合わせた「たすけたまへとたのむ」とは、「どうぞおたすけになってくださいと、たよる」という意味であります。

決して、阿弥陀さまにお祈りしているんじゃないんですね。

救いが先の阿弥陀さまでありますから、そのままお任せするばかりであるという信心を示された言葉でありました。

「憑」という漢字を親鸞聖人がご使用になられました

「憑く」と書いたら「つく」と読みます。

「取り憑く」という意味です。

まぁ全く関係ありません。笑

「憑」という言葉について、親鸞聖人は主著である『教行証文類』において、次のように示されております。

難化の三機、難治の三病は、大悲の弘誓を憑み、利他の信海に帰すれば、これを矜哀して治す、これを憐憫して療したまふ。

どのような方であろうと、どのような病人であろうと、阿弥陀さまのお誓いをただお任せし、信心を賜るならば、阿弥陀さまが哀れんでお救いになられることを示されております。

大悲の弘誓を憑み」とは、「阿弥陀さまのお誓いにお任せする」という意味でありますが、実は「憑み」とは、たのみ」と読みます。

ゆえに、親鸞聖人は「たのむ」という言葉で他力の信心を表現されておられることがわかります。

親鸞聖人は、『唯信鈔文意』という書物に「本願他力をたのみて自力をはなれたる、これを唯信といふ」と示されております。
これも「たのむ」という語で他力の信心を示されている明確な根拠であります。

先手のお誓いだから、「懇願」ではなく「許諾」

「たすけたまへ」という言葉は「してください」という意味に聞こえがちです。

それでは、一般的には「懇願」する意味になることが多いです。

しかし、必ずしも懇願にはなりません。

相手が「たすけたい」と先に発言していた場合、「たすけたまへ」は「してください」ではなく「おたすけになってください」という意味になるでしょう。

「たすけたまへとたのむ」とは、私が阿弥陀さまに先に言っているのではありません。

阿弥陀さまのお誓いが先なので当然のことであります。

私が気付く前から、私を目当てにはたらき通しの阿弥陀さまであります。

その阿弥陀さまのお誓いを受け入れて、「おたすけになってください」と「許諾」しているすがたであることをあきらかにするのが、「タノムタスケタマヘ」であります。

「たのむ」ことすら阿弥陀さまのおはたらきだったと仰がせていただく「今」

「たのむ」とは阿弥陀さまより賜る「他力の信心」であります。

信心とは、私が作り出したものではなく、阿弥陀さまの真実の心が至り届いたすがたであります。

ですので、阿弥陀さまのお救いを「たのむ」私のすがたそのものが、実は阿弥陀さまのおはたらきのすがたであると言えるでしょう。

「かならずたすける」という阿弥陀さまのお誓いに、「おたすけになってください」とお救いの尊さを仰ぐところまでお育ていただいた今を、ともに歩ませていただきましょう。

みなさまの優しいシェアをありがとうございますm(__)m